セラミック製の差し歯が作れる審美歯科

虫歯などで歯を削って、差し歯を作る時、保険では治療内容に制限がでてしまいます。奥歯であれば銀歯、前歯でも金属の土台の上に白いプラスチックを貼り付けているだけの治療なので、見た目が悪くなってしまいます。

土台の金属の色が透けてしまったり、プラスチックは長期間使っていると変色するので、黄ばみなどの問題もあります。保険外治療を扱う審美歯科では、セラミック製の差し歯を作ることができます。セラミックは透明感のある白い素材なので、本物の歯のような質感を持っています。

保険の差し歯との違いは一目瞭然でおすすめですが、保険が適用されないので、1本あたり10~15万円という費用がかかってしまいます。せっかくいい治療があるのに、費用の面で治療を諦めてしまうというのはとてももったいないことです。

そこで、大阪の歯科医院と歯科技工所が提携することで、今までにない安い価格でのセラミック治療を実現して人気を集めています。1本あたり47000円という、従来の半分ほどの価格でのセラミック治療で、実際に治療を受けた患者さんからも好評です。

[PR]
by dfjf4px4if | 2017-07-01 15:42 | セラミック製の差し歯