保険治療と言うのは、国によって治療内容などに細かな制限があります。治療費も決まっているので、国内で同じ治療をすれば同じ治療費になります。

一方、保険外治療は国による制限はなく、治療費は歯科医院が独自に決めることができます。そのため、同じ治療をしても歯科医院によって差があり、固い治療がいい治療とは限らないという面があります。患者さんは言われた通りの金額を支払う必要があるので、過度な請求であっても知らずに支払っているということも少なくありません。

そこで、大阪の歯科医院とJDFは、適正な費用を計算し、患者さんに請求することで今までにない価格でのセラミック治療を実現しました。安いからといって粗悪な品を使うことは一切なく、一流メーカーのセラミックを使い、患者さんのお口の状態に合わせて、1つ1つオーダーメードで作りあげています。豊富な経験と実績を持つ歯科技工士が作るので、機械に頼った差し歯よりも色味や歯の形など、患者さんのお口に合ったものを作ることができます。

差し歯はもちろん、詰め物やブリッジといったものまで対応していて、患者さんのお口お悩みに幅広く対応しています。毎日の食事や会話などで使う歯だからこそ、納得のいく価格で満足できる治療を受けたいと考える患者さんが増えていて、人気が上がっています。

[PR]
by dfjf4px4if | 2017-07-02 15:44 | セラミック治療 | Comments(0)